• ホーム
  • アナリティクスでサイトの動向をチェック

アナリティクスでサイトの動向をチェック

Google Analyticsとは解析ツールの事で、無料でも使用できる為WEBサイトを新規で作成する方は必ず設置してください。導入方法も簡単で、Google Analyticsの使用と同時にアカウント取得が促されるので、そのまま登録するだけで解析ツールを使用できます。

解析ツールには主に訪問前に閲覧者が行った行動を分析する為のツールが搭載されています。OrganicSearchとは検索サイトからのアクセスルートで、Directはアドレスバーへの直接入力でどの程度アクセスしているのかが分かります。それらデータの中で特に重要なのはPaidSearchとDisplayで、バナーやリスティングを含めた全ての広告表示回数が把握できます。ですのでアフィリエイト目的でWEBサイトを運営している方は必ずデータの推移を確認してください。他にもランディングページのアクセス状態や、コンバージョンのプロパティから商品購入を含めたユーザーからのリアクションの閲覧もできます。

Google Analyticsで表示されたデータをより詳細に分析していく為には、サーチコンソールとの連携が必要です。サーチコンソールはキーワードやインデックスの分析に特化しているので、連携する事でWEBサイトへのアクセス状態を幅広く把握できます。ただし利用にはトラッキングIDの使用が不可欠で、Google Analyticsへの利用登録と同時に取得できますが、追加で新たに必要な場合はログイン後に新規プロパティの作成を選んで取得してください。

トラッキングIDを取得したら、それをWEBサイト上でも認証させる為にトラッキングコードの設置が必要です。導入方法はトラッキングIDを取得すると、トラッキングコードが同時に表示されているのでそれをWEBサイト側のコードに記載されたheadタグの前に設置します。するとGoogle Analyticsとの連携が設定されるので、双方の管理画面にログインすればアクセス状態の全容を掴めるようになります。

より多くの設定項目がある解析ツールが欲しい方には、Google Analyticsの有料プランがお勧めです。月額利用料金に100万円以上必要ですが、月間10億回のアクセスも解析できるので、初心者の方もアクセス規模が大きくなってきたら導入をお勧めします。ですが無料プランでも1000万回までのアクセスに対応可能なので、有料プランの導入は長期的な視野をもとに決めていきましょう。

関連記事