• ホーム
  • サイトを公開したらサーチコンソールに登録しよう

サイトを公開したらサーチコンソールに登録しよう

Googleから新規のWEBサイトを認識させる為には、サーチコンソールの導入で実現できます。サーチコンソールとはWEBサイト内で行われたクリックの回数や、一定期間内に行われたアクセス回数まで細かいデータを確認できるソフトです。導入方法はGoogleのアカウントシステムにサーチコンソールの利用が関連付けされているので、アカウント登録の手間はほとんどありません。なのでサーチコンソール側にもGoogleのアカウント登録を行えば、管理システムにアクセスできます。

サーチコンソールで使用できるGoogleのアカウントとは、無料で多くのインターネットサービスを利用できるシステムのことです。URLを登録して管理する事もできますが、その一方でタグの埋め込みを使用した登録方法も存在します。導入方法はサーチコンソール側に別の方法で登録するメニューがあるので、それをクリックするとタグの埋め込み用のコードが発行されます。それをWEBサイトのheadタグに入力すると所有権を認証しましたと表示されるので、これでアップロード完了です。

サーチコンソール側にはWEBサイトの情報がアップロードされ、その状態を通知するシステムが存在します。タグの埋め込みにも問題があれば通知してくれる上に、インデックスに登録されない理由も明記されるので、プロパティの情報は適時確認してください。

検索結果次第では公開したサイトが検索上位にくる可能性もありますが、サーチコンソール側でこれをある程度コントールできます。導入方法はプロパティにある検索トラフィックのメニューからサイトリンクを選択します。すると該当する検索結果のリンクが表示されるので、それを削除する事で閲覧者からWEBサイトにアクセスするまでのルートを管理できます。反対にリンク数の多いルートの検索もできるので、それらを想定したWEBサイト運営をしていきましょう。

サーチコンソールに搭載されている機能は、Googleアカウントの機能を含めて無料で利用可能です。タグの埋め込み以外はコーディング無しでも利用できる機能で、アカウント登録も電話番号等の個人情報があればメールアドレスの取得を同時にできます。取得したメールアドレスには、Googleからのお知らせが無料で配信されてくるので、随時確認する事でWEBサイトの管理を効率化できます。重要なメッセージの中にはリッチスニペットと呼ばれる構造化データのエラー内容も含まれている為注意が必要です。ですがこれらのメッセージに必要性を感じない場合はプロパティからメッセージの受信を拒否できます。

関連記事