• ホーム
  • サイト作成の方法には何がある?

サイト作成の方法には何がある?

パソコンの画面

サイト作成方法が分からない方は、ホームページビルダーのテンプレートを使用しましょう。またその他外部ソフトと併用する事で自作感溢れるサイトが作れるので、画像編集が可能な作成環境がある方も作業を効率化できます。

膨大な情報量の中からサイト作成に必要な情報を検索する場合、一人では作業効率が悪いのでCMSを使った作成方法がお勧めです。CMSにはサイト作成支援ツールだけでなくサイト閲覧者の分析機能まで付属し、それが全て専門知識を必要とせずに使用できるという利便性があります。

営業行為をWEB上で行う場合、閲覧者個人に会員ページを用意する必要がありますが、この場合動的CMSサービスの利用が必要です。動的CMSは保存されたデータベース内に閲覧者がアクセスできる利点があり、パスワード入力システムもこのサービスが利用されています。またコンテンツの編集を閲覧者に任せる事もできるので、幅広い情報網でサイト作成ができる利点もあります。

静的CMSでサイト作成を行うとサーバーが利用不能状態になっても、保存されているWEBサーバーに接続できれば一部分だけでも閲覧できる点がメリットです。加えて静的CMSを利用すると、閲覧者からのアクセススピードが向上されるので、大規模な接続数を想定している時にも適しています。

ホームページビルダーのテンプレートを使用すると、サイト作成の利便性が上がると同時に、編集する際にはソフトを立ち上げる必要性があります。これはソフト自体が静的CMSで構築されている影響で、直接HTMLを使い編集もできる為、自作ならではオリジナリティを出したい場合にも有効です。

CMSを利用するには、WEBサイトを保存しておく場所にも専用のソフトをインストールする必要があります。よって該当サービスを提供している会社には、互換性のあるCMSソフトを販売している場所があるので、初めてサイト作成する方の利用をお勧めします。ですが作成したコンテンツを保存するデータベースは別サービスの利用になる為、その点を考慮した予算を組む必要があります。

ホームページビルダーでサイト作成時には、一定水準以上のコンテンツ充実度になると専門知識が必要になります。ですがホームページビルダーには電話での無料サポートが付属しているので、作成技術や知識を深められるメリットがあります。ただし電話サポートの回数制限が指定されており、他のCMSサービスも同じ制限があるので、初めてサイト作成をする方は注意が必要です。

関連記事