• ホーム
  • サイト制作におすすめなツールの紹介

サイト制作におすすめなツールの紹介

ホームページに掲載する画像を用意するには、サイト作成ツールとは別に画像編集ソフトの使用がおすすめです。有料ツールだとPhortshopに多数のフィルター機能が搭載されているので、オリジナリティが出しやすいメリットがあります。一方Gimpはフィルター機能は充実していませんが、手書きや基本的な画像編集機能は相違ないので、使用者のセンスで個性を出せるメリットがります。

編集した画像にさらに個性を出した時には、Animate.cssを使ってWEBサイト上にアニメーションを表示できます。Animate.cssのコーディングは簡単な事に加えて、WEBサイトのコードにそのまま使用できます。また個別の画像に対してもアニメーション効果を適用できるので、より細かい場所に個性を出していきたい時にも有効です。

サーバーにWEBサイトをアップロードするには、サーバーの許容範囲を超えない程度にコンテンツの容量を納める必要があります。中でも画像は容量が大きくなる傾向が強いので、画像圧縮ソフトを使ってください。おすすめの方法は画像圧縮プラグインを使用する方法で、tinypngであればPhortshopやGimpで出力するものに対して画像圧縮が直接できます。加えて出力した画像に解像度の劣化等視覚的に気になる部分を軽減できるので、tinypngの積極的な使用をおすすめします。

コード上で可能な画像編集は、機能が限られているのでジェネレーターの使用がおすすめです。例えばUltimate CSS Gradient GeneratorはUIに色彩パレットが搭載されているので、コーディングの様に複数色の配置を一つずつやらなくて済みます。また画像の形状を変えたい時には、border-radiusジェネレーターがおすすめで、多角形や同心円等特殊な形状も簡単にできます。さらにUltimate CSS Gradient Generatorとborder-radiusジェネレーターは難しいコーディングを必要としないジェネレーターなので、知識や技術の無い方でも手軽に使用可能です。

画像編集のジェネレーターはソフトだけでなく、WEBサイト上のサービスにも存在しています。使用方法はジェネレーターを提供しているサイトに編集を希望する画像をアップロードするだけです。また複数のジェネレーターサービスを利用すれば、Phortshop等の有料ソフトでなければできない事も無料でできるので、予算が無い方は積極的に利用しましょう。

関連記事